【2022年5月】我が家のポートフォリオまとめ

運用実績


バタバタしていて更新が遅れましたが、2022年5月の我が家のポートフォリオまとめをしていきます。

~~~~~~~~~~~
「2034年(12年後)まで」「6000万円」を貯めて「サイドFIREする」ことを目標としています。
倹約や節税を勉強して出費を減らしつつ、副業にもチャレンジして入金力を上げようと日々奮闘しています。

そんな比較的短期間で経済的自由を手に入れようとしている私がどんなポートフォリオなのか、マンスリーでまとめていますので、似たような境遇の方の参考になればと思います。
なお、銘柄なども包み隠さず紹介したりもしますが、同じ銘柄への投資を推奨しているわけではないのでご理解いただければと思います。
~~~~~~~~~~~

2022年5月の資産状況とポートフォリオ

【日本】現物株

最近の日本株の傾向として、株主優待廃止の流れが進んできていると感じます。
確かに海外投資家にとっては株主優待の恩恵はなく、それよりも配当金が欲しいということです。
幸い、私の保有銘柄は優待廃止にはなりませんでしたが、今後は見直しされる可能性があります。
もしくはヤマダホールディングスのように、長期保有で優待グレードアップの廃止もありうるかも。
ちょっとキャッシュポジションを増やしたい気持ちもあるので、少しずつ整理していくつもりです。

【米国】現物株、ETF、投資信託

米国現物は少しポジションを調整しました。
というのも、6月の米消費者物価指数(CPI)でインフレの減速が確認されなかった最悪のケースを想定し、リスク低減をするためです。
最近の下落相場でつくづく思い知らされているのは、「分散投資」の大事さです。
銘柄、セクター、時期、国・・・その全てを分散することでリスクを最小限にすることができます。
私の場合、コア戦略が全米株であるため、日本以外の先進国はポートフォリオに入れていません。
また、債券やコモディティもほとんど組み込んでいない、株式中心の攻めのポートフォリオです。
今は限りある資金で最大の効果を得たいがためにリスクをとっていますが、老後資金の取り崩しをしようとしているタイミングで下落相場に見舞われると、資産が減って不安になるかもしれません。

【その他】現金、暗号資産など

前述しましたが、ちょっとキャッシュポジションが少なくなっています。
これは「STEPN」という「move to earn(運動して稼ぐ)」を始めため、暗号資産比率が増えたためです。
今後、どこかで米国株の買い増しタイミングが来ると読んでいるので、少し銘柄整理をしてキャッシュポジションを高めたいと考えています。
(・・・個人的には7〜8月のGAFAM決算あたりがターニングポイントになると読んでいます・・・)
ちなみに、STEPNは相場が大幅に下落し、がっつり稼げるアプリではなくなってしまいました。
(原資回収率は70%くらい)
とはいえ、まだ0になったわけではないですし、何より毎日運動する習慣がついたことは大きな収穫になったと思っています。
11月のアクアラインマラソンに向けて引き続き頑張ります笑

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 433b4da1c76c7f822409f30b1af99552.jpeg

まとめ

ひとまず大きくポジションを動かすにはまだ早いと考えています。
長期目線の投資であれば、インフレ率が下落に向かっていることを確認してからでも遅くないです。

よく、「頭と尻尾はくれてやれ」と言いますが、底で買って天井で売るなんてことは不可能なのです。
それよりもしっかりトレンドに乗った投資をした方がずっと勝率は高いです。
(買いたい欲望を抑えるために、何度も自分に言い聞かせてます笑)

あと私事ですが、ファイナンシャルプランナー3級の試験も受けてきました。
自己採点では合格レベルですが、6/末に結果が出るので、また報告しようかと思います。

〜今月の一冊〜
投資本としてはベタではありますが、改めて読んでみると新たな発見が多い一冊です。
投資初心者はもちろん、中〜上級者向けの内容も含まれており、投資のバイブルです。
少し難しい内容もありますが、テクニカルというよりはメンタル面を学ぶことができます。

以下、紹介文です。
機関投資家の拡大と高度人材の集中、インターネットの普及などにより、投資で勝ち続けることはますます難しくなった。私たちは「敗者のゲーム」に参加しているわけだ。では、「敗者のゲーム」を「勝者のゲーム」に変えるにはどうすればいいか?個人投資家が成功するための秘訣とは?インデックス・ファンド、債券、投資信託をどう選ぶ?資産運用の常識を変えた伝説のロングセラー。

created by Rinker
¥2,200 (2024/07/18 02:04:00時点 楽天市場調べ-詳細)

コメント

タイトルとURLをコピーしました